B+plus

HOME > B-plus美容情報 > 心も体も癒してくれる「アーユルヴェーダ」とは

心も体も癒してくれる「アーユルヴェーダ」とは

 

Ayurveda(アーユルヴェーダ)とは?

一度は耳にしたことがあるであろう「アーユルヴェーダ」ですが、アーユルヴェーダを正確に理解している人はほんの一部です。シローダーラと呼ばれるアーユルヴェーダの施術のひとつを見ることから、日本ではアーユルヴェーダ=シローダーラだと思っている人も多くいるようですが、アーユルヴェーダはインド発祥の伝統医療なのです。今回はそんな「アーユルヴェーダ」についてみていきます。

アーユルヴェーダとは、伝統医療と言うだけ合って、世界3大医学の1つです。インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学のことを言います。サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)、Veda(科学・知識)から来ており、生活に基づいた実践的な生活健康法としてこれまで受け継がれてきました。

西洋医学のように、病気の症状を取り除くのではなく、アーユルヴェーダでは、より健康に、長寿や若さを保つことを目的とした、どちらかといえば”予防”の医学です。食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わるものから、生命そのものまでを科学する医学でもあるのです。

中国の漢方と同様、世界保健機構(WHO)によって公式に承認されています。

アーユルヴェーダの概念

アーユルヴェーダでは、「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つがが私たちの心身の健康を支配していると考えられています。

また、この3つの要素のバランスによってひとりひとりの体質がきまります。体に不調が生じたとき、体質ごとに対処法が異なるので、まずは、自分のドーシャバランスを知ることが大切です。

アーユルヴェーダ療法の重要な考え方として、人・健康・宇宙との間の万物相互関連性、体質(プラクリティ)、生命エネルギー(ドーシャ)などがあり、古代ギリシャ医学における体液説とよく似ています。

これらの考え方に基づき、アーユルヴェーダ医は薬草や独自の成分による薬、食事療法、運動、生活習慣の提案などをした上で、ひとりひとりに合った適切な治療を行います。 インドに住む人の多くが、このアーユルヴェーダ療法だけで不調に対応していたり、または現代西洋療法と併用しており、また、東南アジアでも色々な形で形式利用されています。

 

アーユルヴェーダは女性に多い”何となく不調”に最適

特に大きな決定的な病気と診断されるほどではないけれど、なんとなく調子が悪い……。女性には特に多く、加齢するほどその確率も上がり、特に現代女性はストレスによる影響も大きく、病気の一歩手前、東洋医学で未病と呼ばれる状態におかれている人が実はたくさんいるのです。

その状態をほうっておいてしまうと、やがて大きな病気に繋がる可能性が!そこで、今注目されているのがアーユルヴェーダなんです。

アーユルヴェーダが民間療法として根付いているスリランカでは、今、長期間滞在して、アーユルヴェーダを体験するアーユルヴェーダリゾートが女性を中心として大人気なのです。

 

アーユルヴェーダのやり方

気になるアーユルヴェーダの具体的なトリートメント内容ですが、これももちろん医師の診断の元、個人の不調に合わせて内容は変わります。眼精疲労や肩こりなどがひどい場合はヘッドマッサージ、心身のバランスが崩れた人には、2人の施術者が左右対称にマッサージすることで気を整えるアビヤンガ、腰痛には練った小麦粉の輪っかを腰に載せそこにオイルを流し込み放置するカティ・バスティなどが行われます。

ただし、一番有名な”シローダーラ”は、とても影響の強い施術になるので、体調をみながら慎重に行われます。

アーユルヴェーダの注意事項

アーユルヴェーダは、日本では特に癒しだと認識されていることが多いですが、完全に”医療行為”になるので、必ず医師の診断をもらってから行うようにしましょう。どの施術も体に良さそうに感じますが、悪い部分に対して治療として作られているので、悪くない部分にしてしまうと”毒”になってしまうこともあります。必ず医師の診断の元に行うようにしましょう。

 

アーユルヴェーダで何となく不調を治しながら身も心もリラックスしましょう

何となくイメージでヒーリングスパのようなイメージがあったアーユルヴェーダですが、アラフォー以降の女性の”何となく不調”を治しながら癒し効果も体得できる女性にとってはアンチエイジングの1つとしての認識もあるものです。現代女性は仕事に子育てに美容に何かと忙しく、自分のことはおざなりになりがちです。アーユルヴェーダでアンチエイジングもしながら、同時に癒し効果で肌も解放してあげましょう。

 

PAGE TOP

Copyright (C) 2018 b-plus All Rights Reserved.